東京・豊島区・池袋・大塚駅近くのムエタイジム・空手道場・キックボクシング・女性専用キックボクササイズは、ブリザードジムがお薦めです。

 

 
 
 
 
 

  BRAVE HEART START OF NEW LEGENDⅧ 新しい伝説の始まり

プロ三回戦の選手中心の大会を開催。今後、五回戦昇格、トップファイターを目指す選手に経験
としてプラスになる場の提供をしていきたいと考えております。 
大会名  BRAVE HEART START OF NEW LEGENDⅧ 新しい伝説の始まり
大会形式  プロ・ワンマッチ
会 場  ゴールドジムサウス東京アネックス7F
(JR京浜東北線「大森駅」山王西口徒歩1分)
開催日  平成20年7月13日(日)
試合開催日  16:00~(予定)

 

申込締切
  平成20年5月25日(日)
※「参加申込書」は、PDFファイルです。
閲覧には AdobeR ReaderR が必要です。

 
閲覧には AdobeR ReaderR が必要です。

 ルール・要項

ウェイト
 

 

クラス・ウェイト・リミットは以下のように定める

フライ級
 112ポンド  (~50.80kg以下)
バンダム級
 118ポンド  (~53.52kg以下)
フェイザー級
 126ポンド  (~57.15kg以下)
ライト級
 135ポンド  (~61.23kg以下)
ウェルター級
 147ポンド  (~66.68kg以下)
ミドル級
 160ポンド  (~72.57kg以下)
ヘビー級
   (~85.00kg以上)

   
試合用グローブについて
  フライ~フェザー級:6オンス/ライト~ウェルター級:8オンス/ミドル級:10オンス
※試合用グローブは同一メーカーとし、事前にNJKF実行委員会の審査を受けた物を使用
する。また、タイトルマッチは新グローブを使用する。
   
レフリー・ジヤッジの構成
  NJKFから選任したレフェリー1名。
ジャッジ3名によって行われる。また、レフェリーは採点に加わらず3名のジャッジにより勝
敗を判定する。
   
タイムキーパー
  選手がラウンドの終了間際にダウンした場合、最終ラウンドを除きラウンドの終了時間
が過ぎてもゴングは鳴らさず、レフェリーのカウント終了後、初めて終了のゴングを鳴らす
ものとする。
上記ゴングより初めて1分間のインターバルを開始する。
   
判定基準
  パンチ・キック・肘・踵等の有効打により、的確かつ有効な攻撃(ダメージ)を評価するも
のとする。
評価の優勢順位は以下の通りとする。
1.クリーン・エフェクティブ・ヒット(有効打:全て同等扱い)
2.アグレッシブシップ(攻撃・積極性)
3.ディフェンス(ガード)
4.リング・ゼネラルシップ(主導権)
   
採点方法
  採点は「10点法」による。その分類は試合内容によって次の5段階とする。
1.10:10(互角の場合)
2.10:9(若干の勝ちの場合)
3.10:8(ノックダウンまたはこれに近い状態を伴う明らかな勝ちの場合)
4.10:7(2回目のダウンの場合)
5.10:6(KO扱いとする。但し2回のダウンと減点1などが加われば 採点10:6が成立する)
   
判定の分類
 

KO-ノックアウト
ダウンして10秒以内に立ち上がれなかった場合、もしくは10秒以内に立ち上がったが、
 闘う意志がないと判断された場合。
TKO-テクニカルノックアウト
負傷の為、試合を続行不可能とレフリーが判断した場合。
セコンドがタオル投入した場合。
リングドクターの勧告により試合中止をレフリーが認めた場合。
ダウンカウント
選手にダメージがなくても、すみやかに立ち上がれない場合ダウンとなる事がある。
ダウンの際、経度なダメージと判断した場合でも、レフェリーはカウント8まで数える
場合
があるものとする。
選手にあきらかにダメージがある場合、これ以上危険とレフリーが判断した場合。
 ダウン(スタンディングダウン)を宣告する場合がある。

   
反則
  故意によるバッティング・頭突き・噛み付き・サミング・金的への攻撃・その他、キックボ
クシングで認めてられていない攻撃。
倒れた相手への攻撃・パンチによる後頭部への攻撃。
相手選手またはレフェリーへの屈辱攻撃的な言動、及び公序良俗に反した言動を発し
た選手は、レフェリーの判断により注意または減点を与えることができるものとする。
   
バッテイング
  Rまでの偶然によるバッティングで試合続行が出来なくなった場合、ドローとし、後日
再戦を行うものとするが、3R以降(負傷のあったラウンドを含めて)に負傷し、以後試合
続行が出来なくなった場合、それまでの採点で勝者を決めるものとする。採点の結果ドロ
ーとなった場合、後日、再戦を行うものとする。
   
ドクターチェック
  試合中の負傷によりレフェリーが必要と認めた場合、ドクターチェックを行うものとする。
また、負傷した選手はいかなる場合においてもレフェリー指示に従わなければならない。
上記においてドクターの診察の結果、セコンドはレフェリーの 指示により対処に当てる
ことが出来るものと<する。また、ワセリン 以外の止血剤使用についてはインターバル中
のみの使用可能とする。
ドクターチェックを何度行った場合においても採点とは無関係とする。
   
ワセリンの使用について
  顔に最低限のワセリンを塗る事は認めるが、多量に顔、身体にワセリンを塗ったままでの
出場は認めない。(オイルは一切禁止)
   

 計量について

  公式計量で体重オーバーの場合、計量後2時間以内に規定体重まで落とすものとし、
落ちない場合は失格とする。
   

 セコンドについて

  セコンドの人数は代表者を含め、3人までとする。

 

 ファイトマネーについて
 

  チケットにて支払われる
三回戦 チケット 30,000円分/五回戦 チケット 50,000円分
※ 実績によって異なる場合があります。
勝利者賞 トロフィー若しくは、記念楯を授与する。
   

    
  
  
          

ページ先頭へ

 
 
初心者ホームページ作成