東京・豊島区・池袋・大塚駅近くのムエタイジム・空手道場・キックボクシング・女性専用キックボクササイズは、ブリザードジムがお薦めです。

 

 
 
 
 
 

指導員の紹介

ブリザードジム副会長 (2011年11月より)
クリックで画像表示
ブリザードジム副会長 (2011年11月より)

インサードポワナイン(ゲンナロン)
1977.9.15 タイ国 ラヨーン出身
M‐1 ウェルター級元王者 元WBFアジアパシフィック・ボクシング王者
81戦65勝(20ko)14敗2分(2010.9月引退)WBCレフェリーライセンス取得
 現在、センチャイジム・センチャイ会長に師事しプロ、アマチュアレフェリーとして始動中。又、テレビ、雑誌などの取材を受けたり、ムエタイショー(企業、団体、個人など)で活躍中。現役時代は、七色のヒジ打ちと形容しされる多彩な攻撃が持ち味。元WBFアジアパシフィック・ボクシング王者だったこともありボクシング技術にも長けて、倒せるムエタイも体現できる。
技の引き出しが多く予測不能な攻撃で各団体の王者に勝利してきた。

動画でのご挨拶★

ブリザードジム副会長 (2011年11月より)
クリックで画像表示
ブリザードジム副会長 (2011年11月より)

小泉 智史
1979年10月29日生
NJKFフェザー級元6位戦績12戦6勝4敗2分3KO、アマチアマチュア10戦7勝2敗1分3KO・ボクシング(角海老宝石ジム)プロ選手としてリングに上がる。戦績10戦5勝5敗3KO
試合をやるなら倒すか倒されるかが信条。何があっても試合で自分の勝利を諦めない。又、プロデビュー2戦目では右ハイキックで左側頬を折られ壮絶なる失神KO敗けとなり選手生命も危なまれ左目の失明の可能性すらあった。以前から悩まされていた腰痛で練習に体が耐えれなくなってきたが押して試合を連続出場する。しかし、腰痛は酷くなり悩んだ末 引退を決意。

 ★動画での指導風景★

顧問 (2011年11月より)
クリックで画像表示
顧問 (2011年11月より)

柴崎 修宏  
1979年12月7日生
元専修大学日本拳法部副主将として活躍
元ブリザードジムアマチュア選手  
戦績 3戦2勝1敗
パンチから蹴りのコンビネーションが得意丁寧で、熱い指導が定評

[ 指導方針]   基本に忠実に楽しく、激しくキックしましょう!

ムエタイ指導
クリックで画像表示
ムエタイ指導

ブン先生(ゲンナロン先生の実兄)                                    2012年2月に来日、ブリザードジムムエタイ講師となる。
1976年2月3日生
ルンピニーのトップランカーの父を持ち、12歳よりムエタイを始める。タイ国体育大学を卒業し、ムエタイの指導者となる。
弟であるゲンナロン先生の指導も手掛けラジャダムナンのランキング入りを果たす。
ブン先生は人柄がとても良く、真面目実直。
初心者からプロまで細かく指導してくれます。

★動画でのご挨拶★

ページ先頭へ

 
 
初心者ホームページ作成